ULC掲示板 8049


1000号おめでとうございます。

1:たまてくぱ :

2018/11/23 (Fri) 19:25:22

『週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★』の1000号発行おめでとうございます。
先週発行されたメルマガタイトルの999号もなかなかインパクトがある文字でしたが、数字が1つ違うだけなのに、やはり1000号には別格な凄さや重さを感じます。

「ULCトリビア」での“恐らく創刊当初から読んでいるという人は絶滅していると思いますので”の一文には笑いました。
が、映画への興味はなくなりました、な人を見たことがありませんから、案外、メルマガ発行数2桁台から登録されているような古参な方は結構おられるかも。

さて、次の目標は発行20周年でしょうか。
2:STONEMAN :

2018/11/24 (Sat) 20:30:43

たまてくぱさん ありがとうございます。

18年前当時のライターさんに連絡をとろうと試みましたが、
当時はNIFTY-Serveやmixiで知り合った人ばかりだったので
過去のログを探してmailをしてみたり、HPのURLが残っていた
人にはアクセスしてみたら、どのHPも閉鎖していたりと
ネットの世界での18年は非常に大きな時間の流れだと再認識
したところです。
3:たまてくぱ :

2018/11/29 (Thu) 21:53:31

TAK・Gさんとはいかなる人物なのか?気になっていました。
『週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★』の「TAK・Gのフィルム・コラム」では御自分のことを書かれないし、STONEMANさん同様に穏やかで落ち着いた文章から、もしかしたら同じ方で二役かもしれない・・などと考えたりしましたが、第1001号を読んで恥ずかしくなりました。
1本の映画について書かれるも、STONEMANさんの劇場での観客視点からの映画紹介と、その映画にまつわる情報にも触れて知識を得られるのに対し、TAK・Gさんもその映画の現状や舞台裏に加え、映画の見所や注目すべき点を教えてくれるというように、読み比べれば違いが見られるわけで・・。
で、いつも読みやすくて簡潔にまとまっている文章となるバックボーンがわかって納得した次第です。
TAK・Gさん、これからも楽しい映画紹介を楽しみにしております。
4:極東新天地 :

2019/01/26 (Sat) 22:51:00

初めてお邪魔します。

かなり遅れましたけど、つーか、「シネマ☆ボックス」で聞いてから、かなり遅れましたけど、1,000号おめでとうございます。

これからも、私が「シネマ☆ボックス」で紹介されるレヴュー以上のクオリティの映画紹介を、宜しくお願いします。
5:stoneman :

2019/01/27 (Sun) 08:57:45

極東新天地さん はじめまして!
シネマボックスで投稿されているのを良く聞いていますよ。
凄くたくさん映画を見られているようですね。今後とも情報交換して戴ければと思います。
当メルマガで年に一度のイベントである「オスカー予想クイズ」がもうすぐ開催予定です。是非ともご参加ください。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.